2018年2月24日
スイス・バーゼル Neues Kino(ノイ・キノ)
 バーゼルはスイス第三の都市で、ドイツ、フランスとの国境に接している。
 Neues Kinoのディレクター、Simon Morgenthaler氏から『百合祭』の上映と配給について問い合わせがあり、それをきっかけにバーゼルでの上映が実現した。スイスでの上映は2013年のルチェルンでの『百合子、ダスヴィダーニヤ』に続いて2度目。海外での上映は圧倒的に映画祭が多いが、今回は単館系の映画館という異例のケースとなった。
 Neues とは「新しい風」を意味するそうで、主流の映画とは一線を画した映画を上映しているのだとか。
工場街の一角の古い建物を改造して作られた映画館 ホワイエから見上げるところにガラス張りの映写室があり、デジタルだけで無く、35ミリフィルムの映写機も備えている。

 『百合祭』の上映は21時からでこんな遅い時間に何人の観客が来てくれるのかと不安だったが、世代を超えた人たちが詰めかけてくれ、あっという間に一杯になってしまった。上映中は笑い声があちらこちらから起り、上映が終わると万雷の拍手と歓声で館内は熱気に包まれた。



上映前のキャパ80席の館内 フルハウスとなった館内

 上映後の浜野監督のトークにも全員の観客が残ってくれ、熱い質疑応答が始まった。司会&通訳を務めてくれたのは、バーゼル在住の菅原美佐さん。広島大学文学部で博士課程を修了し、バーゼル大学人文学部大学院博士というとても優秀な女性で、演劇などの「パフォーマンス理論と文学理論を横断する学際的メソッド」を研究している。
トーク中の浜野監督と菅原美佐さん

 トークが終了したのが深夜12時過ぎ。その後、ホワイエに場所を移して、ワインを飲みながらの懇談が午前2時過ぎまで続いた。
Neues Kinoのディレクター、Simon氏。ミュージシャンの顔も持っている 『百合祭』上映に尽力してくれた皆さんと