2008年8月2日〜3日
「映画監督・浜野佐知の全貌〜尾崎翠からピンク映画まで〜」
会場となった神戸・新開地の
創造型芸術文化施設・
神戸アートビレッジセンター(KAVC)。
劇場前に貼り出された特集上映のお知らせ。
チラシを手に
「映画監督・浜野佐知の全貌」の
プログラムを紹介する
KAVC・ディレクターの樋野香織さん。
トークショー
「第七官界彷徨からこほろぎ嬢への道」で
尾崎翠文学について語る詩人の寺田操さん。
久坂葉子と尾崎翠について語る
「久坂葉子研究会」の義山雅士さん、
「こほろぎ嬢」は3回目の鑑賞とか。
地元の同人誌に「こほろぎ嬢」の
映画評を書いてくれたこともある
寺田さんとの対談は、息もぴったり。
駆けつけてくれた大阪在住の
漫画家・大山和栄さん(左から2人目)から
花束のプレゼント。
大山さんの作品「姉妹坂」は
大林宣彦監督で映画化されている。

2008年7月12日
平成20年度
「男女共同参画週間inパレア」・『こほろぎ嬢』上映&浜野佐知講演
会場となった、くまもと県民交流館パレア。 ホールを埋める老若男女の観客の皆さん。
上映前に、兵谷芳康熊本県副知事のご挨拶。 熊本上映の仕掛け人、
熊本大学教授の谷口絹枝さん。
浜野監督のトークは手話付きで。

2008年6月22日
「Ninth International Women in Asia Conference」
埼玉県鶴ヶ島市若葉駅前の
ショッピングモール「わかばウォーク」。
会場となった角川映画系列のシネコン
「シネプレックスわかば」は2Fに。
浜野映画と『インディー・ジョーンズ』の
ポスターが並ぶ珍しい光景。
ズラリと並んだ
「映画監督・浜野佐知の仕事」
メイン・ポスター。
つるがしまフィルムパートナーズ
代表・宮崎晃一さんのデザイン。
劇場前に貼り出された
一般映画3作品のポスター。
上映はスクリーン2(166席)で。 会場を埋める観客の皆さん。
藤縄善朗鶴ヶ島市長。男女共同参画週間に
浜野作品一挙上映という無謀な企画が
実現したのは、この市長の存在が大きい。
全体のイベント
「ハーモニーふれあいウィーク」
実行委員長の清水はるみさん。

2008年2月24日
〜映画・音楽・トークの誘い〜「こほろぎ嬢」上映&吉岡しげ美コンサート
会場となった、大阪府立女性総合センター
(ドーンセンター)。
神戸や京都、熊本から駆けつけてくれた人も。
主催者のNPO法人ZUTTO代表、
佐々木妙月さん。
「こほろぎ嬢」上映前の舞台挨拶。
茨木のり子や与謝野晶子の詩に曲をつけて、
熱唱する吉岡しげ美さん。
浜野監督と吉岡しげ美さんのトークに
会場が沸いた。
楽しそうな二人。吉岡さんは浜野監督の
一般作全ての音楽監督だ。
サイン会でたくさんの観客に囲まれて、
嬉しい悲鳴。